痛い鼻の下ニキビの薬の効果と副作用

痛い鼻の下ニキビの薬の効果と副作用

超痛いし、目立つ鼻の下ニキビ薬

痛い鼻の下ニキビ薬には様々なものがありますが、それぞれどんな効果が期待できるのか気になるところです。

そこで、鼻の下ニキビ薬の効果と副作用をまとめてみました。

 

塗り薬

まずは一般的な鼻の下ニキビにも使われる塗り薬です。

 

ゲーベンクリームの効果と副作用

ゲーベンクリームは火傷の治療薬としても有効で高い殺菌力があり、膿などができてしまった赤ニキビに効果的だとされています。
副作用としては、腫れやかゆみ、発疹などの副作用が出る他に長期間使用することで利版運土現象が起こる可能性があるとされています。

 

ゲンタシンの効果と副作用

ニキビ治療薬として最も認知度が高いゲンタシンですがアミノグリコシド系の抗生物質で細菌による繁殖を阻害して患部の感染をこれ以上広げないようにします。
副作用としては、抗生物質であることから長期間の使用で耳鳴りやめまいなどを起こすほか、かゆみや発疹などの過敏症が出ることがあります。

 

リンデロンVGの効果と副作用

抗生物質であるゲンタマイシンと炎症を抑えるベタメタゾンが配合された薬で急にできた赤ニキビを治したい時などに効果的だとされていますが、長期間使用することで副腎の働きが悪くなるほかに目がかすみ、ゆがんだり見えづらくなると言った症状が出るとされています。

 

テラコートリルの効果と副作用

副腎皮質ステロイドであるヒドロコルチゾンと抗生物質が配合されている薬であり炎症が悪化するのを抑えると同時にニキビを改善していく効果が期待できます。
副作用としては、発疹やかぶれなどの軽い症状から長期間使用することで免疫力が低下してウィルスに感染しやすくなることがあるほかに、皮膚が薄くなるなどの副作用もあるとされています。

 

クレアラシルの効果と副作用

クレアラシルも多くに人に知られているニキビ薬で殺菌作用がある成分で赤ニキビを改善する効果があるとされており一時期はニキビを治すのにはクレアラシルしかないと言われるほど需要が多かったとされています。
副作用は、軟膏の場合に湿疹やかぶれなどの症状が出ることがありますので注意が必要です。

 

ベピオゲルの効果と副作用

抗菌作用と角質剥離作用があるので初期のニキビだけでなく赤ニキビや黄ニキビにも有効だとされており、副作用としては赤みや腫れ、かゆみなどがでることがあるほかにひりひりしたり皮膚が薄くなると言った副作用も出るとされています。

 

ダラシンTゲルの効果と副作用

クリンダマイシンが主成分でありリンコマイシン系の抗生物質が配合されたニキビ薬で強い殺菌効果と炎症を起こしたニキビを鎮めるのに効果的だとされています。
副作用としては、抗生物質が含まれていることにより耐性菌ができて使えば使うほど効果が薄くなることがあります。

 

アクアチム軟膏の効果と副作用

有効成分としてニューキノロン系の抗生物質であるナジフロキサシンが配合されており、高い殺菌効果が期待できるので赤ニキビ以外にも黒ニキビにも効果的だとされていますが、稀にかゆみや発赤、刺激感は発信などの症状があらわれることもあるとされています。

 

ディフェリンの効果と副作用

アダパレンという成分が有効成分でありターンオーバーを促進して角質を取り除く効果があるので炎症を起こしている赤ニキビはもちろん初期の白ニキビにも有効だとされています。
副作用としては、皮膚のかさつきやひりひり感、角質層が薄くなることで赤みやかゆみが出ることもあるとされています。

 

オロナインの効果と副作用

古くからあかぎれなどに効果的で使用されているオロナインは実はニキビを改善する効果があり、抗炎症作用と保湿効果でニキビを改善していく効果が期待できるとされています。
副作用としては、基本的に刺激が弱くあまり副作用が出ることはないとされていますが、稀に赤身や発疹、かゆみなどが生じることがあるようです。

 

紫雲膏の効果と副作用

漢方薬系のニキビ薬で殺菌効果はないものの傷口を早く治す効果が期待できるとされていますが、かゆみや発疹が出た場合には使用を中止するのが良いと言えるのでしょう。
また、小児に使用して問題ないかという安全なデータがないために基本的に成人が使うのが良いとされています。

 

デュアックの効果と副作用

ニキビの原因菌であるアクネ菌の繁殖を防ぐ作用のあるクリンダマイシンと、殺菌作用と角質剥離作用を合わせたニキビ薬であり炎症が強い赤ニキビにも効果的だとされています。
副作用としては、抗生物質が含まれていることから耐性菌ができ長期間使用することで効果がなくなってしまうことがあるとされていますので、悪化しているニキビに使用するのが良いと言えるでしょう。

 

鼻の下ニキビ薬は数多く種類がありますので自身の体質に合わせて選んでみるのが望ましいでしょう。

飲み薬の効果と副作用


できてしまうと痛い鼻の下ニキビを改善するのに実は飲み薬も様々な種類があります。
鼻の下ニキビ飲み薬の効果と副作用についてまとめてみました。

 

ルリッド錠の効果と副作用

鼻の下ニキビでは菌が繁殖するのに必要なたんぱく質を阻害する作用があるのと抗生物質であるロキシスロマイシンが配合されているのでニキビの炎症を抑える効果が期待できます。
副作用としては、消化器系の副作用として下痢や腹痛、吐き気などの症状があらわれるのと皮膚系の副作用では発疹や赤み、かゆみなどが出るとされています。

 

ヨクイニンの効果と副作用

ヨクイニンはそもそも漢方薬の一種で肌の角質を除去する作用や保湿効果以外に肌の可能や炎症を抑制する作用があるため鼻の下ニキビにも効果があるとされており、副作用としては基本的に天然成分であるため少ないとはされていますが、稀にじんましんや発疹が出る恐れがあるとされています。

 

ミノマイシンの効果と副作用

テトラサイクリン系の抗生物質が配合されているのでニキビの菌が炎症を起こすとされる物質を阻害することで同時にニキビを改善していく効果が期待できるとされていますが、副作用としては腹痛や下痢、めまいなどの症状から発疹やかゆみが出る過敏症状が出ることもあります。

 

ダラシン飲み薬の効果と副作用

リンコマイシン系の抗生物質なのでニキビの原因菌を炎症を抑えることでニキビを改善へと導いていきます。
副作用としては、かゆみや発疹以外に口内炎やカンジダ症になる可能性があるとされています。

 

ブルフェンの効果と副作用

ブルフェンは非ステロイド性の消炎鎮痛剤で炎症を抑えることでニキビを治していくことが期待できますが、胃の不快感や食欲不振、腹痛や吐き気や嘔吐などの副作用が出ることがあります。

 

メサルモンFの効果と副作用

ホルモン系の内服薬でホルモンバランスの乱れによって生じるニキビをホルモンバランスを調整したり皮脂の過剰分泌を抑えることでニキビをできにくくするとされています。
副作用としては、胃腸が弱い人は下痢や軟便、吐き気や嘔吐などの副作用が出ることがあり場合によって不正出血などがあらわれることもあります。

 

鼻の下のニキビを改善する飲み薬は数多く存在します。

 

ただ、飲み薬は全身に作用するので体質によって副作用が強く出ることもありますので、自分の体質に合ったものを使用していくのが良いと言えるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ