鼻の下黄色ニキビ原因

鼻の下に黄色ニキビができる原因〜睡眠不足だけ?

黄体ホルモンの影響?

顔の中でも真ん中に位置している鼻の周辺に出来ているニキビは必ず相手の視界に入り込んでしまいますから、よく目立ってしまいます。

 

 

最初の白ニキビのまま治療が済めばいいのですが、特に鼻の下のできてしまうニキビは悪化しやすいので化膿した黄色ニキビになってしまいがちです。こうなると大きくはれ上がってしまい、化膿して痛みも増しますから恥ずかしさだけの問題でもなくなってしまいます。

 

 

鼻の下の黄色ニキビが出来てしまう場合その原因となっている生活習慣を正常に戻すことで黄色ニキビそのものの出現率を大幅に下げることが出来ます。ニキビができなければ治療することもないですから、まずは自分の鼻の下ニキビを作り出す犯人を突き止めましょう。

 

 

原因として考えられるのは睡眠不足による黄体ホルモンバランスの異常です。

 

 

黄体ホルモンの分泌が過剰になると皮脂が急増しますから、これが鼻の下ニキビをできやすくさせている犯人ですが、決して睡眠不足だけが原因ではありません。睡眠不足だけが理由ではないなら、何が黄体ホルモンに影響を与えているかと言いますと、毎月やってくる月経です。月経開始前の黄体後期には必ず黄体ホルモンの分泌がピーク状態になりますし、不規則な生活も悪影響です。

 

 

さらにおつたいホルモンとは別にこってりした食生活も皮脂の増えるリスクがあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ