保湿美容液の正しい塗り方

保湿美容液の正しい塗り方

保湿とニキビ

通常保湿美容液をお風呂上がりなのに寝る場合にはお肌を手のひらで抑えこむように出ることが多いかと思います。

 

 

 

しかしながら、季節によって潤っている部分と、乾燥している部分に違いが出てくるので、
乾燥している場所に合わせてメリハリをつけて塗ることが重要です。

 

 

 

特にニキビ等で悩んでいる場合、それが思春期ニキビなのか、
大人ニキビなのかによって乾燥させたらよいのか、それとも保湿をしたら良いのかに分かれます。

 

 

 

具体的な取り方としては、まず保湿美容液を手にしっかりと広げます。
その後方法を包み込むように抑えます。顔全体にゆっくりと広げて行きます。

 

 

 

TゾーンやUゾーンは特別乾燥が気にならいない場合には出る必要はありません。
保湿美容液の量ですが、少し多めにべたべたと残ってしまう位がちょうど良いとされています。

 

 

 

朝がよく馴染んだ程度では、外気の乾燥の具合や、お肌の状態によってすぐに乾燥してしまいます。
テレビなどでもよく目にするかもしれませんが、お肌が手に吸いつくような感じがベストです。お化粧するときには少しべたつく位に保湿美容液を見た後に、自分の皮脂とバランスが良くなってきたところで、開始します。

 

 

 

夜に入念に保湿美容液を使って徹底的に保湿をしたい場合には、
乾燥が気になっている部分にだけしっかり塗るようにしましょう。

 

 

 

鼻の下のニキビなど、大人のニキビには保湿することがとても大切になってきますので、
体に合わせて優しく保湿をしてあげまししょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ